最新情報
【注意】
PANDORAでの動画が見れないのは混み合ってるからだと思います。時間を変えて視聴してみてください。 リンクが切れてる場合はお手数ですがお知らせください。
相互リンクをありがたく受け付けます連絡お願いします。

小児救命 第07話

 狩矢(塚本高史)が宇宙(小西真奈美)のもとを訪れた目的は、自分に内緒で拓実(田中碧海)の様子を柾(陣内孝則)に聞いていた彼女を問い質すことだった。「そんなに俺が信用できない?」と尋ねる狩矢。拓実のことは内緒で聞いたわけでもないし、狩矢に任せれば大丈夫だと思っていた――宇宙は誤解であることを弁解し、正直な気持ちを伝えようとするが、患者の対応に追われ、話半ばで診療に戻ってしまう。  
   狩矢とのことが心に引っ掛かりながらも、宇宙は一刻も早く辞めた相馬(正名僕蔵)の穴を埋める医師を探さなくてはならない現状。ところが、医師会の会長・藤尾(中丸新将)からは医師の紹介を断られたうえに、「理想とわかっていても、やれない現実がある」と、厳しい言葉を突きつけられてしまう。一方、心肺停止の女児を助けられなかった狩矢は、自分という人間の小ささを痛感。プライドに縛られて宇宙を責めてしまった自分を後悔する。
 「青空こどもクリニック」では、医師や看護師たちが心身ともにギリギリの状態で働いていた。そんな折、頭痛を訴える内田亜美(大森絢音)という少女が母親の篤子(横山めぐみ)に連れられてくる。名波(藤原一裕)は風邪薬を処方して帰宅させるが、やがて亜美が救急車で「青空こどもクリニック」に運ばれてきた! 相馬が辞めて大変な状況にある宇宙を心配してクリニックに立ち寄った狩矢は、その現場に遭遇。亜美の処置を買って出た狩矢は脳疾患の可能性を疑い、彼女を連れて啓翠会総合病院へ。すると、亜美が脳腫瘍に侵されていることが判明した! 自らの誤診に責任を感じる名波。宇宙は「こういうのは誤診とは言わない。最初の状態なら私も風邪と診断していた」と言うが、極度の疲労で問診の内容すら覚えていなかった名波は翌日から「青空こどもクリニック」に来なくなってしまう…。  
   ただでさえ多忙な「青空こどもクリニック」は、2人の医師の欠員でますます窮地へと追いやられることになった。その状況を危惧した赤池(渡辺えり)は宇宙に診療時間の変更を提案する。が、宇宙は「理想を現実にしようとして進まなきゃ、何も変わらない」と言い、24時間体制を貫こうとする。そして、その姿勢は徐々に周りを動かし始める。我が子が病気になった際に躊躇なく欠勤していた弥生(笛木優子)も、24時間体制クリニックを重宝する母親の立場から宇宙の理想を支持。宇宙の父・冬悟(大杉漣)や流衣(山口紗弥加)もクリニックを手伝いにやって来る。が、クリニックが人手不足であること、スタッフの心身が限界であることに変わりはなかった。宇宙はやむをえず赤池の進言に従い、しばらく診療時間を午前8時〜午後11時までに変更することを決意する…。
 そのころ、狩矢は啓翠会総合病院の院長・森崎(名高達男)から、最新施設の整った大学病院に移って将来のために勉強することを勧められていた。ところが、狩矢は密かに「青空こどもクリニック」を手伝うことを決意していた。狩矢の内なる迷いを察した柾(陣内孝則)は「悩むのはいい。でも迷うな。迷ってる医者は子どもたちに受け入れてはもらえない」と助言。その言葉に後押しされた狩矢は宇宙のもとへ。「青空こどもクリニック」で働かせてほしい、と申し出る。すると、宇宙が突然泣き崩れて…!

 小児救命 第07話

ランキングに参加してます。
楽しかった方1日1回ご協力お願いします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
banner2.gif





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。