最新情報
【注意】
PANDORAでの動画が見れないのは混み合ってるからだと思います。時間を変えて視聴してみてください。 リンクが切れてる場合はお手数ですがお知らせください。
相互リンクをありがたく受け付けます連絡お願いします。

ブラッディ・マンデイ 第07話


マヤ(吉瀬美智子)によって殺害された敷村教授(神保悟志)のパソコンには、抗ウイルス剤の在処を導く手掛かりが残されていた。藤丸(三浦春馬)は、加納(松重豊)、南海(芦名星)らとともに、その手掛かりから山奥のとあるコテージへとたどり着く。そのコテージとは、かつて藤丸が家族とよく訪れていた思い出の地で、最近では敷村教授が研究所として利用していた場所だった…。しかし、なぜか藤丸たちがコテージに向かったことがテロリストたちの耳に入っており、藤丸たちは再び危機的な状況に陥ってしまう。

一方、THIRD-i本部では、裏切り者や感染者を出した責任を問われた霧島(吉沢悠)が指揮官から外される。新たに指揮を執る事になった鎌田(斎藤歩)の強引なやり方に、困惑するメンバーたち…。

そして、拘置所で怪しい動きを見せていた謎の男・神島紫門(嶋田久作)とテロリスト集団との意外な関係が明らかになり・・・!?



ブラッディ・マンデイ 第07話

ランキングに参加してます。
楽しかった方1日1回ご協力お願いします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
banner2.gif




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。